寺田本家さんの「微生物に学ぶ発酵する生き方」

先日、昔ながらのお酒造りを行なう寺田本家24代目の寺田勝さんのお話『微生物に学ぶ発酵する生き方』を聴く機会がありました。
(前職で生物多様性についてたくさんのことを教えてくれた岸さんが主宰する勉強会「神渡良平人間学」のゲストが寺田勝さんでした。岸さん、素敵な機会をありがとうございます。)

多様な菌が関わり合うことで発酵が進んでいく、自分の役割を終えたらバトンを渡していく、という勝さんのお話は、命の本質だなぁと思えることばかりでした。酒造り唄というのがあって、作業をする時にはみんなで声を揃えて歌うそうで、声が揃う、楽しいっていう気持ちが一つになることで味にも影響するのだそうです。

お話の最後には、発芽玄米酒「むすひ」を試飲させてもらいました。
私は以前、企業の環境部門で生物多様性の啓発を担当していたのですが、森での活動やビオトープを定点観測する中で知った生き物の知恵や奥深さはとても刺激的でした。なかでもすごいと思ったのが、微生物です。

その微生物と栄養豊富な玄米が結ばれてできたお酒なんだからパワフルなことは言うまでもないのですが、気になるお味は??というと、シャンパンの酸味が強くなった感じです。発売当初は「なんじゃこりゃあ〜。こんなの酒じゃねぇ〜」とクレームが来たとか来ないとか…(笑)。
生きた酵母や乳酸菌がぐいぐい身体に吸収されるのがわかるので、五感を超えて全身で味わうお酒です!会場にいたみなさんが、美味しくペロリと飲み干していました(^^)

先代の著『発酵道』では、〝頭で考えるのでなく、お腹でものを考える〟とあるそうです。〝おなかのちきゅう〟(2015年企画制作DeliciousWorks)をつくった私は、勝さんのお話を聞いていて、やっぱりそうなんだ〜とワクワクしっぱなしで歌いたくなりました♫

『発酵道』を早速購入。発酵大好きな大切な友人とシェアしたいと思います。

IMG_8787

広告

こども会社でいよいよタイムカード導入か?と思いきや、閉店御礼

R0018602

昨日、こども会社が運営するお店やさんが、予期せぬ閉店に追い込まれました(子どもの個性を楽しもう!こども会社の一週間まとめ)。簡単にいうと、学校の先生がやって来て「お金のやり取りはダメです〜」とのこと。何か問題が発生してからでは遅いということなのでしょう…。

どういう基準かわかりませんが採用テストなるものがあったようで、最近は合格して仲間入りした友達も加えて社員8名、アルバイト1名という構成に膨らんでいました。子どもたちを観察していると、いつも働き者、時々働き者、いつも怠け者、時々怠け者といった違いが明快で面白かったです。まるで働きアリの法則のように、2割がよく働き、6割が普通に働き、2割が働かない状態は、子どもの世界も同じなのでしょうか(笑)。

R0018603
商品のパズルで遊んじゃう2年生コンビが、かわいい。

photo20150716
回を重ねるごとに運搬も効率良くなってきていたような…

売上総額は大したことないけれど、毎回コンスタントにお客さんが来ていたのはすごいことだと思います。社員は何をいくつ出品しているかに関係なく、売上を山分けすることになっていたようですが、だんだん参加率に差が出てきて、いつも参加している子の中には「同じように分けるのはおかしいじゃないか!」と文句を言い出す子もいたりして…。そこで、こども社長はどうしたか?というと、ノートに出欠チェックの表を作りました。こうしたことは教えられなくても、自分たちでどんどん思いつくものなんですね。本物のお金を扱っているからこそ、本気で考えて試行錯誤をしていたんだと思います。

そのうちタイムカードが導入されたりして!? なーんて、こども商店の進化を楽しみにしていたので、閉店は本当に残念です。当の子どもたちは一頻り文句を吐き出したあとは、それほど気にする様子もなく、秋に開催される学校のフリマに出店しよう!と気持ちを切り替えたようです。この2ヶ月の経験を活かしてたんまり稼げるかな?引き続き、子どもたちの個性を楽しく見守りたいと思います。

————————————————————————-
色のチカラでHAPPYに暮らそう!
「カラーセラピー+コーチングのセッション」ご相談はこちら
DELICIOUS WORKS 公式サイト
————————————————————————-

子どもの個性を楽しもう!こども会社の一週間まとめ

先週からちょこちょこfacebookで投稿している「こども会社」の一週間がとても面白かったので、まとめてみました。

photo000

個性を認め合っている? 的確な役割分担
事前の準備からなかなか興味深かったのが、役割分担です。
長男は「おれが社長だ」。確かにフットワークが軽くて雑用が大好き(リーダーの条件?笑)。アイデアマンで物怖じしないので社長向きかもしれません。次男は、ひたすらサービス品のシールを切ったり、品物を運んだり、言われたことに忠実に健気に働く平社員タイプのようです。算数が得意な賢いA君には、「おまえ計算係な」「これ、計算して」と誰もが迷わず計算をお願いしています。そしてA君は、計算はちゃんとするけど、雑用にはあまり手を貸さず、でもでも、みんなから頼りにされています。若干ぷらぷらしているB君は、2歳児の子守係を任命され、ブツブツ言いながらも優しく面倒を見ていました。しっかり者のC君は、「ほらもう時間だよ」「先に行くよ」などみんなを引っ張っています。

おやつを食べ続けてサボっている子もいますが、それはそれで良いようです。
母は見ないふり、口出ししません。実際子どもたちも気にもしていない様子で、「おまえまだ食ってんのかよ」「おまえまだ遊んでんのかよ」と時折正しい指摘をしつつ、やりたい子がやりたい時にやりたいことをやっています。すべての準備が終わった頃に「さて、そろそろ行こうかな」と立ち上がる子もいて、大人から見るとズルい?と思ったりするけど、それも子どもたちは気にも止めず自分の役割に夢中。子どもの世界は本当に素敵です。
職場という大人の世界にあてはめて考えてみると、できないことを無理にやらせるのではなく、できることを見抜いて任命していけばいいのでは?な~んて思ったりして。

子どもは子どもらしく、お店も平気で放置
さて、オープンしていた2時間の間、いろいろなドラマがありました。勢いよく飛び出していったものの、最初は道路から見えない場所で開店(笑)。

photo001

「そこじゃ誰も気づかないよ」と一言突っ込んだところ、路面へ移動しました。でもまだまだ声も出ないし、背を向けてもじもじしています。

photo002

そしてなんと、はじめてのお客さんは、犬!(笑)

photo003

暑さのせいか、わんちゃんも立ち止まって動かないので、

こどもたち「名前はなんていうの?」
飼い主さん「テツだよー」
こどもたち「テツ、なんかいる?」
飼い主さん「んー、いらないかなぁ」なんて会話が面白い。

お話するうちに子どもたちもだんだん慣れて来て、ラッパを吹いたり呼び込みもできるようになってきました。

途中から飽きて川遊びをする二人。アメンボを採って10円で売っています(いいのか?)。そしてどこにあったのか、捕獲したシジミを靴下に一生懸命入れていて「保管している」そうです。その斬新さに惚れ惚れしてしまいました。間違えて洗濯しないように気をつけなくちゃ。

photo005

意外にも立ち止まってくれる親子連れが多く、優しい地域で良かった、と母もホッとしました。

photo007

そして気づいたら、お客さんも一緒に川遊び。お店には誰もいませんでした。

photo006

「こども会社を作ろう!」と突然盛り上がったのが日曜日。月曜日には友だちが集まって役割が決まり、火曜日には商品が集まって配置が決まり、水曜日には初めての営業日。このスピード感と役割分担、おとなも学ぶところがあるなぁと思わずにはいられない一週間でした。

————————————————————————-
色のチカラでHAPPYに暮らそう!
「カラーセラピー+コーチングのセッション」ご相談はこちら
DELICIOUS WORKS 公式サイト
————————————————————————-

日常の危険を見守ることで、個性を見抜く

IMG_2762

一人でできることが、あっという間に広がっていく
四年生になった長男は、一人で電車に乗ってサッカースクールへ行くようになりました。歩けるようになって視界が広がり、それはそれは楽しそうにひたすら歩き続けていたのが、ついこの前だったのになぁ。自転車に乗れるようになって見えるスピードが変わり、近所を探検していたのが、ついこの前だったのになぁ。
いろいろ思い出すと、成長を感じて嬉しくもあり淋しくもあります。もちろん個人差はあるだろうし、一年生から電車で学校に通う子もいるだろうし、早い遅いはそれぞれだけど、人間も含めて生きものはみんな、一歩ずつ自分の力で移動できる範囲が広がっていくんですよね。あたりまえだけど、すごいことだなぁって思います。

危険を見守るには「覚悟」と「忍耐」が必要
小さな頃はとくに、親の立場から見ると、え~危ないよ~って思うことの連続です。それをじっと見守るのは、本当に忍耐のいること。私は「自分の力で進んだら戻ることもできる」と信じていて、たとえばジャングルジムなどの遊具では絶対に手を出しませんでした。自分の力で登った山は下りてこれる、いや下りてくるべき、と感じていたからです。だから手を貸して高いところに乗せることも、下ろすこともしませんでした。すべてにおいて、これは守っているつもりです。「自分の力で選んで進み、立ち止まり、引き返す」人生はこの連続だと思うからです。その進み方や引き際には個性やセンスみたいなものがあって、二人の子どもの違いを見るのが楽しかった、というのもあります。好奇心旺盛でぐんぐん進み、ひょいひょい戻ってくる長男と、慎重に進み、のんびり戻ってくる次男。それが運動能力の差ではなくて、性格や成長の違いだということが数年後にわかったりします。遊ぶ姿を見ているだけで、その時点の運動能力や体調や性格の差がわかってくるので、普段の接し方もその様子に合わせて少しずつ変わってきます。

育児の時間をじっくり堪能できる社会を
子育ては、1日で結果は出ないし、もしかしたら一生結果なんてわからないのかもしれません。でも、毎日見守ることでしか気付けない小さな成長の連続です。危険も含めて見守る育児に向き合えば、「これが育てるっていうことなんだなぁ」とじんわり感じる瞬間がたくさんあります。この経験はきっと、子どもに限らず通用する「育成のプロ」になれる可能性を秘めています。

ドラマを見ていた長男が、「金があればなんでも買えるんだ!」という台詞に対して、「気持ちは買えないよね。あと時間もね。」と突っ込んでいました。そう、時間は買えないのです。だから、パパやママが、慌てて育児の時を過ごさないほうがいい。小さな違い、小さな成長に気づく時間、そして周りの人たちと悦びを共有する時間を大切にできる社会になるといいと思います。

————————————————————————-
色のチカラでHAPPYに暮らそう!
「カラーセラピー+コーチングのセッション」ご相談はこちら
DELICIOUS WORKS 公式サイト
————————————————————————-

子どもにテレビを見せるのは虐待なの?

blue_025

テレビばかり見てる子はダメ!は昔から言われているけど
友人が、facebookでこんな記事をシェアしていました。
テレビが人間を愚純にさせるというのが科学的に証明された
テレビばかり見ている子は読書力や集中力に欠ける、といった内容で、これはずっと前から言われていることでもあります。おとなでも、笑いなどのポイントを指示してくるテレビは、見続けていると感情までもコントロールされ受け身の人間になってしまうというのに、それを子どもに見せるなんて虐待じゃないか!?と。この記事では、テレビはやめよう捨てようと言っていますが、誰にだって好きな番組はあるので、我慢せずに選択して見るのが良いと思います。

想像力には読字=読書が必要
以前、ブログ「プルーストとイカで書きましたが、読字は人間にとって最初から与えられた能力ではなく、視覚など本来持っている能力を活性化させて得る力で、獲得した読字力が、思考力、洞察力、創造力へとつながっていくのだそうです。この本では、現代の子どもたちが批判能力や想像力を必要とする読字(読書)からではなく、画面に映る情報を読み流して知識を習得したと勘違いしていることの危険性を訴え、子どもたちが考える力を失わないようにと警告しています。

子育て世代にはラジオがオススメ
今の時代、テレビやPCの画面をまったく見せないというのは難しいですよね。でも、これは親の意識と努力でかなりコントロールできるものでもあります。私は子どもが生まれてから朝のテレビをやめてラジオ生活にしていますが、耳から入ってくる音楽とニュースだけの朝時間はとてもスムーズで、話も弾みます。夜も、好きな番組を録画して見る以外にテレビをつけることはありませんが、今のところ子どもたちからのクレームはありません。ちなみに、見たいと言われた番組は一緒に見ています(『逃走中』とか…)。

テレビを日常的に見ていたいのは、実は親の方かもしれません。こうした記事を読んで少しでも気持ちが動いた方は、明日から見る番組を選択する生活をお試しください!子どもが真似するかも?

————————————————————————-
色のチカラでHAPPYに暮らそう!
「カラーセラピー+コーチングのセッション」ご相談はこちら
DELICIOUS WORKS 公式サイト
————————————————————————-

80歳まで働く生き方。家庭と仕事はどっちも大事!があたりまえ

pink_002

39歳で転職という選択
私は三年前、80歳まで楽しく心地良く働く生き方がしたくて、「ここでの自分は、らしくないなぁ」と、思い切ってリコーを退職する道を選びました。シングルマザーだし、年齢も39歳だし、これは誰も賛成しないだろうなと思ったので、親にも相談せずに決めてしまいました(親に報告したのは三ヶ月後です。ごめんね、お母さん)。

昨年のクーリエジャポン11月号に、「ワークシフト」著者のリンダ・グラットンさんの記事「80歳まで働く時代の人生設計」があって、見つけた時にはちょっと興奮して、私の無謀なプランは間違っていない!と言ってもらえたような気がして、すごく勇気付けられました。

107歳まで生きる日本人は、80年働く?
日経DUALにも同じような記事「80年間働くための企業選び」がありました。
記事の内容は、
・これからの時代、日本人は平均107歳まで生きる
・107歳まで生きる場合、70~80年間を働くことになる
・企業はエネルギーを吸い取る場所ではなく、与える場所にならなければならない
・成長する企業は、社員のアイデアに傾聴する風土をもつ
・個人は、家庭と職場の関係をプラスのサイクルにシフトすべき
・柔軟な発想で、自らの働き方を変えていこう
といったことが書かれています。

人間も動物。急激な変化には弱いもの
そもそも、60歳になったら現役を突如引退、180度生活を変えるという方が不自然です。さまざまな生きものと同じく、人間だって急激な変化にはなかなか適応できないものです。時々は視点を変えたり10年先のことを考えたり、自分で必要だと思う方向へと自ら変わることが大切なのだと思います。

自分の軌跡を振り返った時、そこには家庭や仕事や趣味、たくさんの小さな道が複雑に絡み合って、それが一本の太い道…というよりは、複雑な生態系のようになっているのが理想かな。

————————————————————————-
色のチカラでHAPPYに暮らそう!
「カラーセラピー+コーチングのセッション」ご相談はこちら
DELICIOUS WORKS 公式サイト
————————————————————————-

読書が脳をどう変化させるか?「プルーストとイカ」

ika

読字は、最初から与えられた能力ではない
「プルーストとイカ」には、人間の進化と同じく、決して省略のできない脳の進化のプロセスが科学者の視点で書かれています。そもそも読字は、人間にとって最初から与えられた能力ではなく、視覚など本来持っている能力を活性化させて得る力なのだそうです。そうして獲得した読字力が、思考力、洞察力、創造力へとつながっていきます。この本では、現代の子どもたちが批判能力や想像力を必要とする読字(読書)からではなく、画面に映る情報を読み流して知識を習得したと勘違いしていることの危険性を訴え、未来の子どもたちが考える力を失わないように、と警告しています。

障がいは人の優劣ではない
数年前、仕事で訪問したいくつかのフリースクールで、LD(ラーニングディスレクシア=学習障がい)の一つとしてディスレクシア(読字障がい)について教えてもらいました。当時の日本ではきちんとした理解が広まっておらず、私も勝手に現代特有の病気なのかと思っていました。

LDとは、全般的な知的発達に遅れはないのに、文字を読んだり書いたり計算したりする能力に問題があることを言います。そのLDのひとつの型がディスレクシアです。b と dp と q などの区別がつかなかったり、行を飛ばして読んだりしてしまう、左脳の何らかのプロセス障害が原因なのに、先生や親から「ちゃんと読みなさい!」とか「ぐずぐずしないで集中しなさい!」などと怒られてしまうため劣等感を持ち、自分はダメな人間だと思い込んでしまう子が多いそうです。アメリカでは学齢期の子供たちの10~15%に症状が見られ、5%がLDのための特殊教育を受けています。一方、日本ではLDを特殊教育として扱うことはなく、自分がディスレクシアであることに気付かないまま社会に出ることもあります。「プルーストとイカ」によると、ディスレクシアは遺伝性が強く、親がディスレクシアであれば、多かれ少なかれ確実に引き継いでいるそうです。

個性を受け入れ、自分の人生を生きる
たとえば聴覚の障がいも早く気付くことで、その時期に習得するべき単語の数を補うことができます。同じように、ディスレクシアであることを早く認識することが大切で、それにより弱い部分を補ったり、逆に自分の強い部分を伸ばしたりすることができるのです。俳優のトムクルーズもディスレクシアであることを告白していますし、サグラダ・ファミリアを設計したガウディも、エジソンやアインシュタインもそうだと言われています。左脳の障がいを補うことで右脳がより発達し、芸術的な分野で活躍する人が多いのです。どんな障がいだろうと一つの個性であり、それを補ったり活かしたりすることで、自分らしい人生を歩むことができるということです。

私たち大人は、個性を受け入れ、それを活かした生き方をしてきたでしょうか?社会は、子どもの個性を否定して無理に正そうとはしていないでしょうか?私は、自分の子どもたちをはじめ、縁があって出会えた子どもの個性を楽しみたいと思います。

————————————————————————-
色のチカラでHAPPYに暮らそう!
「カラーセラピー+コーチングのセッション」ご相談はこちら
DELICIOUS WORKS 公式サイト
————————————————————————-

調和と個性はどっちも大事!「イルカと泳ぎ、イルカを食べる」

iruka

イルカの習性から学ぶ、調和と個性
2011年の夏、作家の川端裕人さんから、名刺がわりだよ!と言って(そんなこと言ってみたい)「イルカと泳ぎ、イルカを食べる」をいただきました。ちょうど映画〝The Cove〟が公開されたあとで、日本のイルカ漁が世界から注目を集めていた頃です。著書では、世界各地のイルカに関する事実と川端さん自身が見聞きした物語が綴られていて、イルカを軸に生物多様性を問い直す時間を与えていただきました。

イルカの習性に “バウト” といって、群れで一斉に行動する時間というのがあります。みんなで眠ったり、みんなで泳いだり、みんなでジャンプしたり。規則正しい調和のとれた行動をとることで、個体間の絆を確認していると考えられているそうです。一方で、それぞれが元気いっぱい、それはそれは個性的に自由に動く時間があります。

絆があるから、自分の好きを発見できる
どちらかではダメなんだと思いました。生きるということは、調和と個性、どちらも必要です。子育てを通じてたくさんの子どもたちと接するようになって、どの子もそれはそれは個性的だということを知りました。調和するとは、周囲にあわせて溶け込むことではありません。周囲との絆を感じ、安心した中で自分だけの喜び(=好き)を発見することです。そこで見つけた喜びこそが、人生の宝物であり、それが成長するにつれてそれぞれの役割へとつながっていく社会であって欲しいと思います。

————————————————————————-
色のチカラでHAPPYに暮らそう!
「カラーセラピー+コーチングのセッション」ご相談はこちら
DELICIOUS WORKS 公式サイト
————————————————————————-

この世界には、いらないものなんてない「ぼく、だんごむし」

dangomushi

だんごむしは、すごい
子どもたちのお気に入りの絵本の一つに「ぼく、だんごむし」があります。
食生活から、排泄、子育てまで、だんごむしの生態についてとても詳しく描かれています。これによるとだんごむしとは、

・夜になると食べるものを探して活動を開始する
・虫の死骸や新聞紙など、なんでも食べる
・たまに石やコンクリートを食べないと生きていけない
・だから森や林よりも、人が住んでいる場所のほうが住みやすい
そんな生き物らしい。 

長男が3歳の頃、はじめてこの本を読んだ時には、リアルな絵にぎょっとしながらも関心したものです。

・なるほど、だから植木鉢の下に密集していたのか
・虫はすべて、緑溢れる森や山が好きなのかと思い込んでいた
・昼間は暗がりでひっそり過ごし、夜はゴミとなるものを食べて掃除をして生きているなんて…
・なんていいやつらなんだろう!
・ちょっとくらい気持ち悪い姿でも許してあげよう 

みんながいるから、生きている
この絵本により、わが家の子どもたちはせっせとダンゴムシを集めていました。
そして私が子育てで得たものは、子どもたちの笑顔や寝顔だけではありません。
こうして子どもたちのおかげで色々な虫たちに触れ(触ってないけど)、
その役割を知るうちに、虫嫌いまでも克服できてしまったのです(触れないけど)。
みんな違って、みんないい。
みんながいるから、私たちは生きている。

————————————————————————-
色のチカラでHAPPYに暮らそう!
「カラーセラピー+コーチングのセッション」ご相談はこちら
DELICIOUS WORKS 公式サイト
————————————————————————-

森のようちえんで学んだこと。親も子も、そのまんまでいいよ!

moriyou

他人の力を借りて自然体験をする
長男が4才になった時、ずーっと行きたかった森のようちえんに参加しました。子どもたちにのびのびと自然を体験させてあげたいと思う親は多いと思います。でも、遭遇するかも知れない危険、あるいは後片づけのことを考えて、すぐに口や手を出してしまいますよね…。

ところが森のようちえんでは、やってはいけないコトがないので、子どもたちは本当にのびのび!つまり好き放題!原っぱを駆け回る子もいれば、木登りする子、枝を集める子、早弁する子、裸になる子、とにかく本人の好きなことをやめたくなるまで続け、それを保育士の資格を持つスタッフさんや、カメラマン兼務のスタッフさんが、見守りながら一緒に遊んでくれるのです。親は「おとな解放区」と呼ばれる自由時間を得て、こちらも気ままに過ごします。もちろん “親子揃って” の活動もちゃんと用意されていて、ずーっと離ればなれというわけではありません。親にとっては、ほどほどに遊び、のんびり癒され、大いに笑って、自分を取り戻し、あらためて子どもを愛しく思う、そんな数日となります。

夜は、遊び疲れた子どもたちをさっさと寝かし付けて、大人たちが集合。スタッフの一人であるカメラマンのゴリさんが子どもたちと遊びながら撮影した写真を見ながら、昼間の子どもたちの様子を聞きます。もちろんお酒を飲みながら。そして子育てや夫婦の話が夜更けまで続きます。

親だって、無理をしないのが一番。そのまんまでいいよ!
森のようちえんでは「お互い様」の気持ちを大切にし、ゆるいルールの中でお互いが譲り合い、みんなで子どもたちを見守りながら数日を過ごします。そんなこと言われてもすぐに溶け込めないし、だいたい子どもたちがやりたい放題になるなんて!?と心配になるかもしれませんが、そういう場所では人間もちゃんと生きもの、動物としての本能で適応してしまうのです。そして、その場所と雰囲気を作っているのは、緑あふれる周囲の自然だけではなく、やっぱり人。経験豊富なスタッフと全国から集まった親子が大家族のように過ごす数日間は、母子家庭のわが家にとっては驚きと楽しさに溢れていました。

森のようちえんで過ごした経験は、子どもの性格はもちろん、私にとっても頑張りすぎないゆるい子育ての基本指針のようなものとなり、わが家の「今」に大きく影響しています。鬼のように叱る時もあるけれど、子育てはやっぱりおおらかに、子どもたちとわははと笑っている瞬間が一番幸せです。親も子も無理せず、そのまんまがいい。

————————————————————————-
色のチカラでHAPPYに暮らそう!
「カラーセラピー+コーチングのセッション」ご相談はこちら
DELICIOUS WORKS 公式サイト
————————————————————————-