ご縁に感謝して笑って生きよう「ごえんチョコ」

東日本大地震が起きた2011年、もっと自分にできることがあるのでは?という思いが頭から消えませんでした。それがその後、会社を辞めることにもつながっていくのですが、実際に退社するまでの間しばらく私は何も行動できなくてその場で足踏みしていました。その足踏みの間も「笑って生きよう」と思いました。


ごえんチョコ
sacco/2011年


あの子はとてもチョコが好きだった
ポケットにはいつもあふれるほどの愛と一緒に
詰め込んだ希望が消えないように 笑って笑って過ごした

見えないモノが大事なんだよって
あの子のママは優しく等しく語った
その声の響がお腹の中にあるようで 触って触って確かめた

どれが正解かなんて そりゃ今はわかんない
だから目の前に舞い込んだ縁を 一つ一つ 乗り越えて行こう


ごえんをありがとう ごえんチョコをありがとう
あの子にありがとう ごえんチョコをありがとう

あの子がいつか大人になって あいも変わらず希望のタネまいていたら
はにかんだ笑顔は世界中に広がって 空を空を染めるだろう

どこが近道かなんて そりゃつまんない計算
産まれる前に与えられた勇気 全部全部 惜しみなく使おう

ごえんをありがとう ごえんチョコをありがとう
あの子にありがとう ごえんチョコをありがとう

saccoプロフィール&音楽情報

広告